fc2ブログ

コンナサウナができるまで⑤

北海道帯広市に「コンナサウナ」というサウナ施設をオープンさせた
3月7日生まれのサウナ人
フルタです

前回、自分が思っているサウナ施設への思いを綴りました
今回は、実際に作っていく話です

基本的に、コンナサウナはコンテナ型ですので「動かすことのできるサウナ」として基本コンセプトがあります
工務店が本業ですので単純にサウナを楽しむ、だけではなくサウナを普及させて北海道における災害対策に一助に!
という思いもあります

ブラックアウトを経験した際に一番感じたのは「冬じゃなくてよかった」です
厳冬期にはマイナス20℃を超えることも珍しくない十勝
この気温は簡単に命を奪っていきます

いくら建物の省エネ性能を高めても、創エネ(エネルギーを創り出す)できなければ意味がありません
太陽光パネルを設置していても、建物そのものもしくはそこに関連する部分が破損してしまったら・・・
私は生きていける自信がないです

でも、電力を必要としない熱源さえあればとりあえず命を繋ぐことが可能になります
かつ、湯を沸かしたり焼いたりすることが可能に
暖を取り食事することが可能となるんです

各家庭にサウナコンテナが設置されたら…
サウナコンテナ本体が無事でなくても、使える薪ストーブが数台あれば

普段使わない、いつ使うかわからない、有事の際に使えるかどうかわからない「備え」よりも
日常生活を楽しく、豊かにしてくれる「備え」のほうがよっぽど有意義ではないかと思います

そんな思いから移動できるサウナ施設にしたい!
あれ?まだ思いの部分だなぁ・・・

本題はまた次回!

コンナサウナができるまで④

全国のサウナフリークの皆様こんにちは
コンナサウナの生みの親です
今回から再びコンナサウナ誕生までを綴ります

コンナサウナロゴ_1

名前はコンナサウナに決め、各サウナ室のコンセプト・設計に入るわけです
サウナ施設のコンセプトとしては「北海道のフィンランド」サウナが日常として存在している世界の日常を北海道で再現したかったんです(フィンランドに行ったこともないのに)

中央には飛び込めるよう湖を模した大きな水風呂を設置したい
それを囲むようにサウナ棟を配置して・・・
外に出てすぐドボンと飛び込める環境を表現しました
(フィンランド行ったこともないのに)

サウナ室は好みに合わせた温度帯となるように、温度や座面のレイアウトを違うようにして自分好みのサウナを見つけて欲しい
熱源は薪なので、好きなだけロウリュして湿度をどんどん上げてもらいたい
おそらく、他の施設さんでは低温度帯(60~70℃前後)でロウリュし放題ってのはないと思いますので、今まで「これが好き」って思っていた方が、本当はこのくらいがいいのかも!って思えるきっかけにしてほしいというのと
正直、その日その時のコンディションによって入りたい温度帯が違う(経験上)ので、いついかなる時も自分に合ったサウナに入って欲しいという思いがあります

サウナ室でしゃべる、しゃべらないを分けることで、コミュニケーション派もメディテーション派も共存できるサウナ施設に!
個人的にはサウナ室で話をすること自体は全く問題ないと思ってます
集団で占拠して大声で内輪話をする、奇声を発するなど、他の方の迷惑行為になることは本当にやめていただきたいと思います
仮にそんな軍団が現れても、他のサウナ棟に入っていただけたらと思います

さらに言うと、男女共用になっているので、新しい出会いがあったり、新しいビジネス創造の場であったり、家族団らんの場であってほしいとさえ思ってます
自分がそうであったように、サウナでコミュニケーションが芽生えるのもアリじゃない!

IMG_2594_compressed.jpg

さらに言えば、サウナ婚活なんてイベントもできたらいいじゃない
夫婦の共通の趣味がサウナでした。
コンナサウナで一緒にサウナに入るうちに、結婚を意識しました。
今では、自宅にサウナを作って家族みんなでサウナ入ってます。
サイコーじゃないか

東京サウナ出張~赤坂でサウナる~

無事に3月7日サウナの日を迎え
一つ歳をとりました
フルタです

さて、眠らない街歌舞伎町で一夜を明かし
明け方、客室の窓から男女の喧騒をしばし眺め・・・
オイラは都会暮らしなんてできないなぁ
と改めて確信した朝
一路赤坂へ
IMG_5187.jpeg
目的地はここ
サウナ金の亀

ちょっと早く着きすぎて、周囲を散策
IMG_5186.jpeg
ちょろっと参拝していざサウナへ

生姜焼き専門店併設のこちらは何と言っても
「生姜特化型サウナ」
生姜タブレットを食べて、生姜エキスを身体に吹きかけ、生姜水をロウリュする
ジンジャーパワーで爆発汗の後
水風呂も生姜汁がたっぷり

二階に上がると、外気浴も可能な休憩スペース
暗がりな空間でゆっくりと休憩できる

が、ちと寒かった・・・
サウナもカラカラな昭和ストロングスタイル
熱い・・・
昨日購入したマジックテープ的なタオルでフルフェイスヘルメットばりに頭部をガード!
おぉ・・・
全然熱くない!
すごいぜ!

ってなことでサウナを堪能して階下にある生姜焼き屋さんへ
サ飯とセットのお得なプランも用意されています
IMG_5188.jpeg
サ飯セット
ご飯のおかわり自由
IMG_5190.jpeg
ドン!
この角煮っぽいのが激うまでした
生姜三昧を堪能して次へ

IMG_5191.jpeg
サウナ東京

今回最後のサウナ施設
どことなく和風テイストな店内

1Fは洗い場と浴槽
2Fがサウナたち&水風呂と休憩スペース

とりあえず一通りサウナに
スゴモルっぽいスチームサウナが割と好み
その他は結構ドライ気味

休憩所の横にドリンクカウンター!
500円でポカリとデトックスウォーターが「飲み放題!」
そりゃ注文しますよね
常時人がいて、ポカリ作ったり、コップ洗ったり、氷入れたりしてました
さすが首都東京、北海道の田舎ではこうはいかないぜ

で、最後は熱波サービスを受けて〆
都会型サウナをたっぷりと堪能しました

帰るころには、北海道の恵まれたサウナに入りたくてもう
バチバチ爆ぜる薪ストーブで暖まり
天然水の水風呂にドボン
切っ先鋭い刃物のような冷たい外気浴

北海道サウナってやっぱり恵まれてるなぁ・・・

東京サウナ出張~帝都は眠らない編~

サウナを愛し
サウナに愛された男
フルタです

さて、聖地北欧を出発し電車に揺られること小一時間
吉祥寺へ
正直、ろくでなしブルースのイメージが強いこの街に来た理由!
モンスターが現れたらしい・・・

なので早速行ってみた
IMG_5163.jpeg
その名も「モンスターサウナ」

すげーでっかいサウナと
すげーでっかい水風呂
しかも、水風呂は入る位置によって温度が違うらしい

とりあえずオープン時間に合わせてIN
lineで会員登録して、受付からチェックアウトまでスマホで行うようだ
ロッカーキーもらって、下足をビニール袋に入れて中へ

ロッカーの中に入っているガウンを着て移動
浴室以外はガウン着用らしい
浴室中央に水風呂、両サイドにシャワー
立ってシャワーを浴びてサウナへ
おぉ、海外っぽい(行ったことはない)

サウナ室は横長のスタジアム型
上は結構熱いので、2~3段目に着席
オートロウリュでじゅわーっと
人数が少ないと寝てもいいらしい
が、座面がビッチャビチャ・・・

んで、水風呂へ
サウナ室から見て、手前は冷たく10℃前後
奥は15℃前後になっている
温水の吐出口、吸水口とたくさんあって、温度管理してるんだなぁ・・・
お金かかってるなぁ
ひとしきり関心して休憩所へ

イスたくさん整列してる
入学式か卒業式の様相
とりあえず端っこに座ってリクライニング
温度と風が心地よい
昨日カプセルであまり眠れなかったせいか、気づけば寝落ち・・・

非常に居心地はよかったです
ただ、世界最大級のモンスターサウナという割には
サウナ室は佐賀県のこもれびさんのほうが大きかったし
水風呂は我がコンナサウナのほうが大きくて深いと思いました

d3067edaadb10ca09a2b69a7a1b8f712_600.jpg
気分的にはこんな感じ

早朝だと割引がついてお得でした
そんなモンスターサウナを後にし、バスに揺られてやってきたのは

笹塚
天空のアジト マルシンスパに行くのです!
夜は非常に混みあうってことだったので、昼下がりに行ってきました
写真はありません
一見、見落としてしまいそうな小さなビル
その最上階にアジトを発見したのです

一言で表すと
「めっちゃコンパクト」
アジト感は確かにあるなと思いました

エレベーター降りて、自動ドア開いたらすぐ右手に靴ロッカー
私史上最短!
受付してすぐ後ろに更衣室
マルシンジャージに着替えて上階へ

浴場はガラス張りで明るい
サウナ室もアジト感あり
コンパクトなので、ちょっと人が増えるとギュウギュウ
広くて深い水風呂は地下水らしい

非常扉を出て外で外気浴
隣のマンションから丸見え(笑)
都会だなぁ・・・
熱波も受けられてご満悦

下に降りてオロポ
ジョッキがデカい!
ビールならメガジョッキサイズ!

今日の宿はどこにしようかなぁ
って考えてたんですが…
結論として二日連続でカプセルサウナはキツイ・・・
ちゃんとベッドで眠りたい・・・
ってことで当日に宿検索するも、やはり高い

現在地と明日の予定を考えて見つけた宿は新宿・・・
しかも歌舞伎町いや、神室町
新宿駅で迷いつつ、何とか神室町へ到着
ミレニアムタワー裏のホテルにチェックインし、神室町探索
龍が如くってすごいなぁって思いながら、チャンピオン街を抜けると
テルマー湯が!

ちょっとビビッて入れなかったんです
(東城会 嶋野組長みたいなのがいたらと思うと・・・)
で、ちょっと駅裏あたりのよさげな居酒屋でご飯食べて、ホテル戻って寝ようと思ったんですが

うるせぇ
こわいよー
うるさいよー
あかるいよー

眠らない街神室町のリアルを感じながら、眠りについたのでした・・・

プロフィール

ジュウケイカク

Author:ジュウケイカク
住計画FURUTA
〒080-2469
北海道帯広市西19条南2丁目25-4
TEL:0155-35-5181

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR