FC2ブログ

雪と地震と家の関係

そろそろ初雪シーズン
子どもの頃は初雪が待ち遠しかった…
フルタです

さて、先日SE構法の登録店勉強会に出席してきました。
今年からSE構法の家が北海道でも建てられるようになり、二回目の勉強会!
今回も全道各地から会員の方が集まっておりました。

もう何度も言っておりますが
「家が地震に対してどのくらいの強さまで耐えられるのか」
を明確にするのが構造計算です



胆振地震と同レベルの地震が起きても耐えられる家に住みたい
と言っていただけたら、耐えられる計算を行います。
もちろん、計算結果をわかりやすくお見せします。

そして、私たちの住む北海道で最も最悪なのが
冬の地震です。
動画にもあるように、雪の重さは1m積もると、1㎡当たり300kg。
相当な重さです。

それが、地震で揺られると…
重いものほど横に揺れる力が働くので…
家はどうなってしまうでしょうか…
さらに風が吹くと…

SE構法では最悪のケースを想定して構造計算を行います。
ちなみに、建築基準法では「風と地震は同時に起こるとは考えなくていい」という解釈です。

よく考えたら、震災時に自宅は危険で公共施設は安全って何故でしょうね?
想定される地震の1.5倍などを想定して作るからです
その想定は、当然「構造計算」なわけです。

自分の家だって、公共施設並みの耐震性能にすることも可能なんです。
なぜしないの?
って聞かれると
「よくわからないし、そもそも法律で求められていないから」が本当のところです。

戦後から高度成長期に入って、住宅の需要が少なかった時代では仕方のない側面もあるのかもしれませんが、現状家は余ってます。
そろそろ「勘と経験」に基づいた家づくりをやめるべきなんだと思います。
SE構法ロゴ

地震から二ヵ月

SE構法ロゴ

夜中の地震…
電気のない生活…
から早くも2か月。

まだまだ、多くの方が避難生活を余儀なくされているという報道を見ますが
日常を取り戻し、普通の生活を送れているかたが多いと思います。

でも、忘れてはいけないのです
災害はいつ起こるかわからない
災害の発生をなくすことはできないけれど
被害を最小限に抑えるべく備えることはできる。

備えるためには
忘れないことも一つ

僕たち工務店がすべきことは
「壊れない家を作る」こと
そのためには、地震や台風に対してどのくらい耐えられるかを
知るために構造計算をし、数値化する。

耐震基準を満たしているから…
材料が良いから…
では命を守れない。

一生に一度の買い物
と言いながら
明日壊れるかもしれない家を建てる

高断熱・高気密、太陽光パネル
災害時に役立つ保証は誰がするのか


こんなことばかり言っていたら、家なんて建てられない
そんな気持ちもある。
でも、たまにはこんなことを考えてみるのも必要じゃないか
プロフィール

ジュウケイカク

Author:ジュウケイカク
住計画FURUTA
〒080-2469
北海道帯広市西19条南2丁目25-4
TEL:0155-35-5181

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR