ビックリしたこと!

オリンピックは女子カーリングが面白い!
フルタです。

今週 2/23.24(金・土)はとかちプラザに行こう!
ミニセミナーやりますよ!

さてさて、ビックリしたこと。
札幌の友人が中古住宅のリフォーム・リノベーションを考えているってことで、不動産屋さんに相談に行った時の話。

予算やエリアを伝えて、数件ピックアップしてもらい、現地を見に行ったそうです。
その不動産屋さんではリノベーション工事もやっているとのことで、見ながら色々と提案してもらったそうなのですが…

「断熱材を入れ替えるとあたたかいお家になりますよ~」
どのくらいの断熱性能になって、光熱費はどのくらい削減できますか?
「う~ん、まぁ、どのくらい入れ替えるかにもよるけどねぇ・・・」

和室はいらないので、洋室に変えることはできますか?

「大丈夫ですよ~、木枠は色を塗ることでオシャレになりますよ」

床柱もいらないんですけど…(床の間にはすごく立派な柱が立っていたそうです。また、木枠と言っていた部分は白木の部分だそうです。)

「これも塗装すればだいぶ目立たなくなりますよ」

そ、そうですか…


友人曰く、あの立派な床柱を塗装するって言われたらさすがに素人だけど「そりゃないだろ」って思ったそうです。
写真を見せてもらいましたが、彫刻された床柱でした。買ったらいくらするんだろってくらいの。

塗装って…
非常にビックリしました。

節分の日

新年早々
頸椎ヘルニアの診断受けました
フルタです。

朝起きると、手・腕がしびれてます。
時々、腕がちぎれそうな激痛が走ります。
ペットボトルが開けられないほど握力がありません。
皆さんも首は大切にしましょう。


ということで、先日二級施工管理技士の結果発表があったそうです。
現場管理の登竜門!
建設業を生業とする資格としては簡単な部類のようです。

僕も以前に受けたことがありますが、しっかり落ちました…
専門用語が分からないとどうにもなりません。
Q:工程表のクリティカルパスと最短工期を述べよ

A:クリティカルパスって何よ?ってなりますよね。
  一般住宅だとネットワーク工程表なんて作らないからわからんとです。
  クリティカル=会心の一撃的なやつ? 職人さんが頑張ったから工程短縮された?
  とかわけのわからないこと考えてました。

ではでは

  

以外と簡単、建設業・宅建業

今年は戌年
フルタです
工務店、ハウスメーカー、地場ビルダー、リフォーム・リノベーション会社
などなど呼び方は様々ですが、やってる事は建設業です。もちろんゼネコンもそうです。
建設業許可ってのを受けて営業してるわけです。
住宅をメインとして仕事するのであれば、許可受けるのは比較的簡単です。
経営管理者(代表者の経営に関する実務経験)
専任の技術者(建設業に関する資格や経験)
多少のお金
この3つで許可もらえます。
北海道知事(〇〇)第〇〇〇〇号
ってやつがそれです。
経営管理者が1番ハードル高いかもしれませんが、個人事業主でも良いので とりあえず会社作っておけば自動的になれます。
と言うか、そもそも建設業許可がなくてもある程度の請負契約が可能です。
宅建業者になるためには
有資格者(宅地建物取引士)
宅建協会への加入
そのためのお金
これだけです
宅建士は受験資格がないので、小学生でも受験できます。難易度も手頃な試験のようです。
自分で持ってなくても、持っている人を雇うって方法でも可能です。
後はハトかウサギの協会に入れてもらえば、許可もらえます。
申請自体も難しいものではないので、自分でできます。
簡単に許可もらえるってことは、それだけ業者の数も多くなるワケで。ヘタしたら許可持ってない可能性もあるので、許可の有無は確認して下さいね。
ちなみに、()の中の数字は更新回数なので、数字が多いほど許可を受けてから年数経ってるってことになります!
ではでは

あけましておめでとうございます

今年は年男
フルタです
本年もよろしくお願い致します。

今年もお世話になりました。

今年も残すところ1日
フルタです。
今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。
今年を振り返ってみると、昨年に続き店舗関連のお仕事をさせていただいたり、大規模木造建築物の着工があり、来年に向けて大きな決断をしたりと、後で振り返ると大きなターニングポイントになる年だったのかなと思います。
そして来年は、リフォーム・リノベーションに本格的に着手していこうかなと考えてます。
前にも書きましたが、ここ数年でリフォームやリノベーションをしたけれども、満足がいっていないというご相談を多く受けるようになりました。
見ていられないというのが正直なところです。
不動産屋は不動産情報のプロであって、建築の素人であることが多いです。
断熱材を入れ替えたから暖かいお家になりました
外壁を塗ってオシャレになりました
クロスを張り替えてアクセントにどうのこうの
今はいいでしょう、基本的に中古住宅の場合は引き渡しから2年しか責任を負わなくて良いってことになってますんで。
数年後の事は関係ないんです、自己責任ですから。
その証拠に、中古住宅を仲介してウチで工事しますって不動産屋さんはいるけど、リフォーム工事やりますって会社はあんまりないでしょ?
新しく住む人は、今までの事が分からないけど、今まで住んでた人はどのくらい変わったかわかっちゃいますからね、、、
結果
寒い、結露する、メンテ費用がこんなにかかると思わなかったなどなどとなる訳です。
地元の工務店としては見過ごせない問題ですよね。
なので、私たちがやります!
今までの断熱改修工事の考え方を覆す方法で。かつ、コストがかからずに。
なので、中古住宅お探しの方はもう少し待って下さい。リフォーム考えている方ももう少し待って下さい。
ではでは
来年もよろしくお願い致します
プロフィール

ジュウケイカク

Author:ジュウケイカク
住計画FURUTA
〒080-2469
北海道帯広市西19条南2丁目25-4
TEL:0155-35-5181

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR