安心の家づくりとは…

炊飯器買い換えました
フルタです。
ごはんがうまい!

それはさておき。
地震
(画像引用:内閣府HP)

南海トラフ地震や首都直下型地震に注目しがちですが
私たちの住む北海道、特に道東でもかなり大きな地震が発生する可能性が高い。
30年以内に地震が発生する可能性…60%

この数字をどうとらえるかは人それぞれだと思いますが…
家を建てることに携わっている以上、僕は考えなければならない問題だと思います。
家を建てることが目的なのではなく、「家を建てた後の暮らしがいかに充実し、質の高い生活を送ることができるか」が私たちの仕事だと思っているので

30年以内に地震で家がつぶれちゃうかもしれないけど、家は建てましたから
とは言いたくありません。

当たり前のことなんで、何言ってるの?
って思われそうですが
ほとんどの会社は「かもしれない」で家を建ててます。

構造材は安心の5寸柱
とか
経験豊富な棟梁・熟練の技術
とか
震度7でも耐えられる(当社実験による)

などの売り文句を見たことがある方がいらっしゃると思います。
当社もそうでした。
僕もそうです。「構造材は5寸使っているので丈夫ですよ」
って言ったこともあります。

でも、根拠はありません。

と、思います
っていうだけです。

経験があったところで同じです。
また、大金をかけて原寸サイズの住宅模型を作って揺らしたところで、そのメーカーが作る全ての住宅がそうだという根拠はありません。
(真四角で田の字になっている住宅は構造的に強いです)

でも、建築基準法で定められているんじゃないの?
って思いますよね。

もちろん定められております。
2階建てまでの木造住宅は
「建築士が大丈夫って言うなら信用するよ、ただ、責任は取ってね(要約)」
という法律もあります。
4号特例ってやつです。

根拠がないっていうのはこういうことです。
「建築士の俺が設計したんだからたぶん大丈夫。」
安心できます?

長くなるので続きますよ。

利益を追求するのか理念を追求するのか・・・

痩せない!
と心に決めた信念の男
フルタです。

ウソです。
ガリッガリになりたいです。

先日も、中学校の後輩に
「フルタさんぶっくぶくですやん」
って言われたばっかりです。

逆に、気づけたコイツすげーな
とさえ思いました。

諦めたらそこで試合終了
つまり
諦めなければ継続中ということです

勝てる気しねーな
と思っていても
終わっていないので、まだワンチャンあるんです。

うさぎとかめの亀だって勝ったじゃないか!
僕はまだ諦めてませんから。
今年ももちろん減量中です。


さ、そんなどうでもいい話はここまでだ!
先月、会社(自分か?)にとって大きな選択をさせていただきました。

それが今日のタイトルです。
「利益を追求するのか、理念を追求するのか」(大げさ)
会社組織である以上、利益を追求するのは当然のことです。

でも、目先の金もうけに走るようなその場しのぎはしたくないんです。(大げさ)
わが社は大工集団としてスタートしました。
最初は、親方と弟子です。
たけし軍団みたいな感じです。
さすがに「殿」とは呼ばれていなかったようですが…

時勢に乗って事業拡大することができました。
公共工事を受注することもあれば、RC造などの建設もさせていただきました。
その間に独立したお弟子さんや社員もたくさんいます。

今は、帯広十勝の「工務店」として
「地域に根差した家づくり」をさせていただいてます。
先代社長は、がっちりと会社の基礎を残した。
現社長は、原点に立ち返り木造建築物の可能性を模索した。
道は整備され、レールも引かれた状態。
後は自分が走るだけ。非常にありがたい。

「本当に安全な家を、間違いのない技術で建てる」

「木材が持っている性能を最大限引き出す~木造は強くてカッコイイ~」
まずはこれがテーマです。

素人でも簡単に参入できるのが「住宅業界」
特に中古住宅は「2年間しか保証しなくても良い」ことになってますので簡単に商売することができます。
新築も増改築も「安心して頼める会社」しかないようにしたい。
理念・信念は曲げない。

ではでは

豚丼大国帯広。

タイヤ交換シーズン到来
フルタです。

さて、帯広発祥のB級グルメといえば
「豚丼」

豚肉を焼いてたれを絡めてゴハンの上に乗せるだけ
という非常にシンプルな料理ではありますが
極寒の十勝開拓には欠かせなかったソウルフードでもあるのです。

現在では
フライパンでたれを絡め焼く:フライパン派

網焼きでタレにあらかじめ漬け込んであるorつけ焼きする:網焼き派
の二大派閥があるようです。

また、使用する豚肉の部位も
・王道の「ロース」
・脂の旨味「バラ」
・味のバランス「肩ロース」
の3種類があります。(フルタ調べ)

正直、ウマけりゃなんでも良い派なので
個人的なこだわりは全然ありません。

とはいえ、正直、高級な料理ではないとも思いますので
1,000円を軽く超えてきたり、盛りがショボかったりっていうのは
フルタ的豚丼の美学に反します。

んで、最近行ったのがここ
「ぶた屋」
おい、ブタがブタ食ってるよ!
っていうツッコみは心の中だけでお願いします。

外観写真はありませんが、西帯広郵便局の近くです
メニューがこれ
jijiiii (1)

そう、豚丼屋にもかかわらず、ラーメンも本格的に提供しているのであります。
豚丼+ラーメン=最強!
このほかにもメニューはありますが、割愛させていただいて…
もちろんオーダーはセットメニュー
「Aセット、バラ・辛みそで!」

jijiiii (3)

ドーン。
一人前の豚丼に一人前のラーメン
つまり二人前!

jijiiii (4) jijiiii (2)

そこそこ満腹でごちそうさまでした。
まぁまぁウマい
これでイイっていう感じはします。

ではでは

遮熱という考え

しびれくらげ
フルタです。
さてさて、ボンビーガールってTV番組で森泉さんが家をリフォームする企画ありますよね。
あの中で、銀色の材料を壁やら床やらに貼っているのをご覧になりましたでしょうか?

これ。
遮熱材を貼ってます。
熱の伝わり方は、理科の授業で習いましたね

伝導・対流・放射の3つです。

針金の先をライターであぶると、針金全体が熱くなる。
これが伝導

エアコンをつけると、暖かい(冷たい)空気が部屋全体に混ざり合い暖かく(涼しく)なる。
これが対流

太陽からの熱が地表に伝わってくる。
これ放射

つまり、家を涼しく・暖かくするためには
伝導熱を軽減する「断熱」よりも
太陽からの熱を遮る「遮熱」の方が効率的なんです。

でも、日本ではこの「遮熱」という考え方はまだまだ普及してません。
国で基準として認められていないからです。

住計画FURUTAでは、夏暑く・冬極寒の十勝で快適に生活するために、遮熱にも取り組んでおります。
頭では理解できても、体感してみないことには…
ってことは十分わかりますので、遮熱を体験できる取組を進めていきます。

ではでは。

気付けば年取ってました…からのななべぇ

卒業シーズン
誕生日シーズン
フルタです。

この時期、建設業界は新商品の展示会シーズンでもあります。
ちょっと先日札幌まで行ってきました。

ZEHにどのように対応していくか!
超高性能断熱材!
省エネ性能UP!

などなど、数年前から叫ばれてはおりますが、各メーカーさんは更なる技術革新に躍起になっておりました。
個人的には「薪ストーブで一件落着じゃん」って思ってます。
カーボンオフセットだし
再生可能エネルギーだし
すげー暖かいし

今年も色々と勉強させていただきました。
より良いご提案ができるように頑張ります!

んで、行ってきた!
nanabee (1)

菜々兵衛。
札幌在住のときから何度も行こう!と思っては行列に挫折したななべぇ。
空いてる!

ってことで突撃。
nanabee (2)

初訪問なので、一番人気の「鶏白湯塩」
キレイな白濁スープ。

鶏くさっ!ってのは全然ない美味しいスープでございました。
メンマも穂先まであるタイプ。
んまいっすよ。
汁までググっといけちゃうタイプのラーメン

んだけども、個人的には「けせらせら」さんの方が好みかなと思いました。
非常に上品な感じがして、高速道路の上を走ってる感じというか…
食べる喜びってのが味わえなかったような気がします。

ま、でも一回食べただけなんで機会があれば再訪問したいなと思います。

ではでは
プロフィール

ジュウケイカク

Author:ジュウケイカク
住計画FURUTA
〒080-2469
北海道帯広市西19条南2丁目25-4
TEL:0155-35-5181

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR