FC2ブログ

田舎に移住するのは否か

食料自給率は高い
市民のモラルは低い
フルタです。

コロナの影響で、イベントや訪問・出社できなくて…
売上が下がった
でも利益は上がった!
って会社も多いみたいです
大手の住宅メーカーさんはこの傾向が高いようで

となると
もう都市部で働く必要が無い人も多いのでは?

人の波にもまれて
狭い家に住んで
夜空も見えない

いっそのこと
田舎に引っ越したらいいじゃない

北海道はでっかいどう!
土地も余ってるし、人手も足りない

既存の仕事をリモートでこなしつつ
たまに畑仕事で汗を流す
月に数回都市部に遊びに行って
田舎で人間らしい生活を送る
お金に代えがたい生活が待ってるんじゃなかろうか??

土地かって、家建てて
はちょっとハードルが高すぎるって方は
お家をシェアってのはどうでしょう?
薪ストーブ

雪は少ないけど、鼻毛が凍るほど寒い場所
それが「とかち」でございます。

ちょっと車を走らせば
「牛」「鹿」「熊」に会える場所
それが「とかち」でございます。

まるで映画のような北国の暮らし…
それが可能な場所

プチ移住でも構いません
ご興味ある方は、住めるお家を用意してお待ちしております。

ではでは

木造は住宅だけじゃない

鉄筋コンクリート・鉄・木
建物を建てる主な材料…

木は弱いって思ってませんか??
折れる
燃えやすい
腐る
などなど
木造=ボロいってイメージが蔓延しているような気がします

しかーし!
世界最古の木造建築物と言われる
「法隆寺」
建設から約1300年
もちろん日本最古の建築物である。

そして、日本は世界でも有数の森林大国
国土の7割弱は森林

現状は
国内の木材利用率が低い
売れないから製材しない
森林が整備されずほったらかし
林業従事者が食っていけないから激減
益々森林が荒れる
台風で土砂崩れ、その他色々と問題が…

これを逆のスパイラルにしないと
って思ってます

久々にラーメンを食べた話パート2

新年が開けた
フルタです。

今年はどこにも行けず
どこにも行かず

そんなこんなで
久しぶりにラーメン食べました
itou (1)

麵屋 伊とう
帯広市東5条南14丁目1−44
場所と駐車していいスペースがわかりにくいので
お店のHP麺屋伊とう 北海道帯広市の鶏を使ったらーめん (menya-ito.com)
で確認されたし

店内に入ると、左手の死角に券売機があるので食券を買うように言われる。
気を付けていただきたい。

とりあえずトップメニューの鶏そば(塩)を注文
味玉をトッピングしてみる。合計950円なり。
券売機には鶏白湯などの表記もあったが、売り切れだった模様

席に着いて、食券を渡す。
水はセルフでどうぞ
itou (2)
こんな感じでメニューの紹介をしてる小冊子が
十勝産食材にこだわっているようで・・・
新得地鶏を使ってるらしいです

10分くらいで着丼
itou (3)
どんぶりのサイズはラーメン丼より小ぶり、蕎麦丼くらい
鶏の澄み切った系スープではなく、にごりある系です。

スープ一口、出汁うまみ、塩気強め
麺はつるつる系ではなく、四角い断面の蕎麦っぽい感じ

何だろう…
単品ではおいしいけど、ラーメンとしては…
という感じ

丼が小さいからなのか、麺がつるつるではないからなのかわかりませんが、少し麺を取りたくてもほどけない。
スープも絡まないので、スープを飲む
麺を食べてスープを飲む感じ
ちょっと残念…

後味はスッキリしていてすごく良かったんですが…
全体のバランスが…

あぁー、コクミンショクドウ食べたい
送ってくれないかなぁー
こそっと送ってくれないかなぁー


ではでは

今年も残り半月なので一年を振り返ってみる

底辺を生きる工務店ユーチューバー
フルタです。

来年からフルタチャンネルに新しい風が吹くから
「ゼッタイに見てくれよな!」

「」ここの部分が野沢雅子で再生された方
いい年のオッサンかオバサンですね?
よろしくお願いします

さて、今年の漢字が発表されて
「密」
だそうで

僕にとっての漢字は
「病」これでしょうね
今年はずーっと病んでました

喘息で咳がものすごい出る
未だに止まってませんが
タバコをきっぱりやめることに成功しました

決め手は、美人な看護師さんに真顔で
「喘息なめてると死にますよ」
これですね
ウソ偽りない「死にますよ」って初めて聞きましたよ
来年はしっかり健康体でいたいと思います

来年も新しい試みをやっていこうと思っておりますので
よろしくお願いいたします

インスタをチェックしていただけてる人は気づいたかもしれませんが、更新頻度が上がっております。
なぜか?
知りたい方は動画をチェックするんだ!

ではでは

失敗リノベーション住宅

良いものは「残す」んじゃなくて「残る」んだと思う
フルタです。

ここ数年「戸建てリノベーション市場」に注目している。
10年以上前から建てて壊すのではなく、新しく再生させる流れが生まれていると感じている。

その時から思っているのは「本当に残す価値があるのか?」ということだ。
建物の価値、特に住宅なんて個人的な思い入れが多い。
価値があるかどうかは住んでいる人が決めればいいと思う。
じいちゃんの代から住んでる家だから手放さない!金じゃないんだ!
ってのは自分の価値観なので、大事にしていただきたい。

それとは別に、商売として行う場合、客観的な価値をつけなければならない場合の話
中古住宅をリフォームして再販する
エコノミーでエコロジーだっていう大義名分はあるのはわかる。

でも、その住宅って「残す価値(意味)あるのか?」っていうのはあまり考えられていないと思う。
壊して建てるよりも安価だから、直して売ります。
新築を建てる資金がないから、中古で我慢します。

でも、本当にちゃんとした中古住宅ってそんなに安くないよ!
安全・安心な住宅は中古でもそれなりの価値が付く!
命を守る「住処」だから当たり前の話だ。

築年数に関係なく、壊れやすい住宅はたくさんある。
にもかかわらず、考えなしに「りのべーしょんしましょう!」って人を騙している建設会社モドキが帯広にもあるようで…

わくわくをカタチにします
なんて言いながら「取れない柱があるので・・・」間取りに制限がかかる、「これも中古住宅の味です」なんて説明する。
そのくせ、どでかい吹き抜けを増築したり、意味のない筋交いを配置してみたりする。

ちょっとした知り合いからそんな話を聞かされたが、苦笑いしかできなかった。
自殺願望でもあるのかね?っていう言葉をやっとの思いで飲み込んだ…

んで、冒頭の話。
基本的に「良いもの」は残る
だから面白いし、責任も重大
住む人も良いものだと思っているなら、大事にするでしょ?
やっぱり「なぜ家を建てたいか?」が重要なんだと思う














はい、半分実話です。
住宅の規模だったら「絶対に取れない柱」ってのも何とかなったりします
天井からバッテン見えてる筋交いって意味ないよ…
プロフィール

ジュウケイカク

Author:ジュウケイカク
住計画FURUTA
〒080-2469
北海道帯広市西19条南2丁目25-4
TEL:0155-35-5181

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR